埼玉県東南部都市連絡調整会議トップページへ

埼玉県東南部都市連絡調整会議の概要

 埼玉県東南部地域に位置する5市1町は、昭和40年に埼玉県東部清掃組合(一部事務組合)を組織し、ごみ及びし尿の共同処理を図ってきたが、その他の広域的な行政課題についても連携を図るべく埼玉県東南部都市連絡調整会議(任意の協議会)を設立し、調査研究等を行っている。
 

設立年月日

平成3年5月27日
 

構成団体

草加市・越谷市・八潮市・三郷市・吉川市・松伏町
 

圏域の人口

915,733人(平成29年4月1日現在総人口)
 

圏域の面積

183.80平方キロメートル
 

目的

 埼玉県東南部地域における調和のとれた発展をめざし、広域的な行政課題について調査研究を行い、かつ広域的な連携を図ることを目的とする。
 

事業

 目的を達成するために、次の事業を行う。

  • 当地域における広域的な行政課題および共同事業による行政の効率性の追求に関する調査研究
  • 当地域における広域的な連携を図る事業
  • その他目的達成のために必要な事業

 

組織体制

役員構成(任期2年)

会長

1名(越谷市長)
 

副会長

5名(会長以外の市町長)
 

監事

2名(構成市町の会計管理者))
 

幹事会

 構成市町の企画担当部局職員2名(原則として企画担当部課長)をもって構成している。また、幹事会には、下部組織として各分野について、専門的に調査研究や調整を行う専門部会を組織している。
 

事務局

 会長所在地の市町に置き、庶務を所掌する。(越谷市市長公室政策課)
 

埼玉県東南部都市連絡調整会議トップページへ