事業実施状況についてへ


*平成7年度

 災害に対する広域体制の確立に関する調査

 大規模災害時における対応、復旧活動を機動的、効果的に行うためには、平常時からの備えを含めた消防・救急・ライフライン等の広域体制の確立を推進する必要がある。

 本調査では埼玉県東南部地域の各構成団体の災害対策への取り組みの現状と課題、防災に対する地域住民意識の把握等を通じて、地域住民がより安全で快適な生活が送れるような、災害に対する望ましい広域体制のあり方を提案していくことを目的として調査を行った。

 

 4市2町による斎場の在り方に関する調査

 今後、高齢者人口の増加が見込まれる中、埼玉県東南部地域においても将来の本地域全体の火葬需要予測などを踏まえ、広域的な火葬場の設置の可能性について調査研究を行い、時代の要請に耐える火葬場を含めた斎場の在り方について提案することを目的として調査を行った。

 

 埼玉県東南部地域の行政水準調査(再調査)

 平成4年度に実施した4市2町の行政水準・行政制度調査134項目の中で行政水準について、調査項目の見直し及びデータの再調査を行った。

※再調査は、行政水準については3年毎、行政制度については5年毎に行う。

 

 先進地視察

 平成7年度調査研究課題である「災害に対する広域体制の確立に関する調査」に関連して広域行政推進に資するために先進地視察を実施した。

 視察地   気仙沼・本吉地域広域事務組合

@気仙沼・本吉広域防災センター

Aリアス・アーク美術館

両施設の事業概要及び施設見学

 

 研修会

近年多方面で女性の活躍がめざましいなか、本地域の女性職員への自己啓発と広域行政に対する意識の啓発を行い、また、職員間の交流を深めることを目的として開催した。

 内 容   @講演会 「明日を開く女性たちへ 自分らしい生き方みつけよう」

講師 講談協会真打 宝井 琴嶺 氏

A調整会議の取り組みについて

B自己紹介

C施設見学 埼玉県東部清掃組合第一工場

日本文化伝承の館こしがや能楽堂