事業実施状況についてへ

 

*
平成17年度

                                    

 

共通する行政課題の調査研究

 

 防災専門部会

*        研究テーマ「国民保護法における国民保護計画の策定に向けた調査研究」

*        研究内容

平成16年6月に施行された「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律」(国民保護法)の施行により、地方公共団体は、国が作成する基本指針に基づき、国民保護計画を平成18年度中に策定することが求められている。これにより、防災専門部会では、まずは、国民保護法及び武力攻撃事態等についての正しい理解をし、そのうえで、東南部地域の特性を研究し、国民保護モデル計画東南部都市連絡調整会議編の作成にあたった。モデル計画作成に際しては、埼玉県の「埼玉県市町村国民保護モデル計画」、消防庁の「市町村国民保護モデル計画」をそれぞれ比較・検証したうえで国民保護モデル計画東南部都市連絡調整会議編を作成した。

また、計画策定後の今後の国民保護体制構築にあたって必要と考えられるマニュアルの整備等についても併せて研究を行った。

 

IT戦略会議

調整会議におけるIT関連事項の調査研究及び計画立案を行った。

*        委 員    51町情報統括責任者相当職員

*        検討事項   ・埼玉県東南部地域公共施設・生涯学習講座予約案内システム

(通称:まんまるよやく)について

・ITプロジェクトチームでの調査研究事項について 

・情報セキュリティ部会での活動について など

 

ITプロジェクトチーム

(基幹系システムグループ)

*        研究内容 

【基幹系システムの統合・共同処理に関する調査】

各市町の基幹系システムの構築状況、委託状況等を調査し、5市1町の基幹系システムの統合・共同処理を行ううえでの課題の抽出、効果について検討した。

【広域的電子化の基本戦略の検証】

広域的電子化の基本戦略に示されている施策について、現状の事業の進捗状況及び評価・検証を行い、今後の東南部地域のIT関連事業の課題・方策の抽出を行った。

*        メンバー  5市1町情報担当職員 各市町2名×6市町 計12名

 

(まんまるよやく運営グループ)

*        内 容  

まんまるよやくシステムに係る連絡調整を行うグループとして、各種検討・協議を行った。具体的には、システム設定変更における取りまとめ、51町全体で行うシ ステムパッケージ変更、登録申請用紙の様式変更等について検討し、また、より円滑な運用を目指すための各市町における課題について情報交換を行った。

*        メンバー  5市1町まんまるよやくシステム担当職員 各市町2名×6市町 計12

 

研修会

 

職員研修会

*         研修テーマ 「5市1町広域行政に係る政策提言」

*         内  容  

平成16年度に実施した研修会「地方行政の未来−地方行政の次なる使命・目標について考える−」(講師:総務省大臣官房総務課長岡本全勝氏)をふまえ、平成17年度は、構成市町職員が、東南部5市1町の広域的視点に立ち、地方行政の使命・目標等について考え、検討を重ねる機会を提供し、職員の政策形成能力の向上を目的に、「5市1町の広域行政をテーマとした政策提言」に取り組む研修会を実施した。

*        講  師  社団法人日本経営協会 専任講師森下真一氏

*        参 加 者 構成市町職員(主事・主任・係長級) 各市町4名×6市町 計24名

 

IT研修会

*        研修テーマ 「埼玉県市町村 申請・届出サービスの利用開始について」

*        内  容  

ITを活用した業務改善に関する意識啓発を図ることを目的に、埼玉県市町村申請・届サービスについての研修を行った。講師には、このサービスを平成17年8月から開始している越谷市の情報担当職員を招き、サービスの導入までの道のり、現状と今後の課題について講義をいただいた。

【研修内容】 @埼玉県市町村 申請・届出サービスについて

               A導入までの道のり

               B現状と今後の展開について

*        講   師:越谷市企画部事務管理課情報推進担当 石井和義氏

*        参 加 者:各市町関係所管課職員 62名

 

行政水準基礎調査

埼玉県東南部地域5市1町について、経済面、環境面、財政面など、様々な側面から5市1町の置かれている状況や現在の行政サービス水準等を継続的に把握し、その結果を、今後の当調整会議が行う調査研究等の基礎資料とすることを目的とした調査を実施した。

調査は、「5市1町の比較・分析調査」及び「5市1町東南部地域と他地域との比較・分析調査」の大きく2項目に分けて実施した。

「第1章:5市1町東南部地域の比較分析調査」では、各自治体の性格・特性の把握をめざし、「第2章:5市1町東南部地域と他地域の比較分析調査」では、東南部地域と同規模市との比較・分析をすることで、5市1町東南部地域を1つの都市および都市圏ととらえた際の、都市の性格・特性の把握をめざした。調査データについては、今後2年に1回程度更新を行い、最新データの把握に努め、過去データとの比較を行っていく。

 

まんまるガイドマップの改訂

平成10年度から東南部地域公共施設相互利用が開始し、さらに平成16年8月1日から埼玉県東南部地域公共施設・生涯学習講座予約案内システム(まんまるよやく)が稼動したことを受け、東南部地域の公共施設の相互利用が推進されている。この相互利用を一層推進し、東南部地域間のあらゆる分野での人的交流がさかんになることを目的として、5市1町東南部地域のガイドマップ、「まんまるガイドマップ」を改訂した。

これまで掲載されてきた、各公共施設の名称及び位置、問い合わせ先、バス、鉄道路線、道路網等の更新を行い、各市町の紹介コーナーを設けた。また、平成16年8月1日に開始した埼玉県東南部地域公共施設・生涯学習講座予約案内システム(まんまるよやく)についての情報を盛り込んだ。

 

情報セキュリティ部会

埼玉県東南部IT戦略会議の下部組織として位置付け、システムの共同運用に係る情報セキュリティ対策を推進するため、研修会を実施した。

*        研修会 【研修テーマ】自治体における情報セキュリティ対策

      【内   容】まんまるよやくシステムの共同運用にかかる情報セキュリティ対策の意識啓発を目的に開催した。

【講   師】株式会社富士通総研 本保勝義氏

【参 加 者】各市町関係所管課職員 54名

                         

埼玉県東南部地域公共施設・生涯学習講座予約案内システム

   平成16年8月1日から稼動した埼玉県東南部地域公共施設・生涯学習講座予約案内システム(通称:まんまるよやく)を運用した。  

・契約の履行

   ・システムの全体管理

・問い合わせ、障害等の対応

・各市町事務の取りまとめ(口座振替事務、システム変更等)

 

登録者数

     平成17年 3月31日現在    9,637件 

     平成18年 3月31日現在   12,340件